養蜂(西洋蜜蜂の育て方)講座 第4-3回 増勢3

山田くんの養蜂講座第4章3 雄蜂巣礎


山田くんの養蜂講座第4-3回目では、4月の飼育のポイント増勢に関してお話します。

4月は桜やレンゲなどが開花するため巣箱に餌がどんどん運びこまれるため女王蜂の産卵が活発になります。産卵が活発になると産卵スペースが不足するため自然巣が作られるようになります。自然巣が作られるようになったら群の勢いを増すために巣碑枠や巣礎枠を追加することを増勢といいます。増勢に欠かせない基礎知識を紹介します。今回は雄蜂巣礎に関してお話します。


雄蜂巣礎とは雄を誕生させるための巣巣礎です。

↑雄蜂巣礎の様子。(写真は後日アップします)

雄蜂巣礎を使用するメリットを紹介します。

1、ダニの駆除
 ヘギイタダニは雄蜂を好み寄生する性質があるため雄蜂巣礎を使用することでダニを駆
 除できます。

2、交尾不良解消
 雄撥が足りないと新女王蜂が交尾不良になることがあります。

3、働き蜂の巣碑枠が綺麗に保たれる

 雄蜂巣礎を使用すると働き蜂の巣碑枠に雄房が作られにくくなるので働き蜂の巣碑枠が
 綺麗に保たれます。

以上がメリットの説明です。デメリットはダニの被害拡大の要因になることです。ダニ寄生が起きていることに気がつかないで雄蜂巣礎を使用するとダニの被害が拡大する要因になります。ダニの寄生率を確認してから使用しましょう。※目的がダニの駆除の場合は問題ありません。

雄蜂巣礎は働き蜂の巣碑枠7~8枚に対して1枚の割合です。追加の行い方は働き蜂の巣礎枠と同じです。